Service for car

愛車をかっこよくするために|ホイールを交換しよう

事前に明確にすること

複数の要素で構成

ファミリー

自動車のタイヤを交換するときには専門の業者に依頼することとなります。自動車を購入したディーラーやカー専門店、ガソリンスタンドなどでタイヤ交換をすることができます。タイヤ交換をするときの比較ポイントとしては値段が挙げられます。タイヤ交換における値段は新しいタイヤの料金に加えて検査を取り付けるための工賃があります。さらに、交換して取り外したタイヤの処分料も含まれます。同じタイヤを交換する場合、工賃やタイヤの処分費用で値段に差が出ます。工賃についてはタイヤを取り付ける作業のみならず、取り付けた後のバランス調整なども含まれます。タイヤ交換の費用を抑える方法としては、工賃やタイヤ処分費用が安いお店を探してみるか、タイヤの価格を検討してみることが挙げられます。タイヤは同じ型番のものであっても購入するお店により価格は異なります。リーズナブルに購入する方法としてはインターネット通販の利用が便利です。検索することで最安値の商品を見つけることができます。インターネットでタイヤを購入するときには、タイヤ交換は持ち込みでの交換となります。タイヤ持ち込みでの交換の場合、対応しているお店とそうでないお店があることから、事前に持ち込みでのタイヤ交換が可能であるかを確認する必要があります。工賃が持ち込みの場合とお店で購入する場合で異なることもあります。いずれにしてもタイヤ交換を依頼する場合には事前に値段を明確にすることが重要です。

春と秋には行うように

タイヤ

春と秋、季節の変わる頃には服装などの入れ替えを行うように、自動車用タイヤも、秋になると夏ものから冬ものへとタイヤ交換する人も多く見られます。雪が降るまでタイヤ交換をしないのではなく、いつ雪が降っても良いように準備しておくことが、ドライバーの基本ではないでしょうか。そんなタイヤ交換、自分で行う人も最近は増えています。ホィールとタイヤを組んだままのセットにしておくことで、休日などの空いた時間での交換が可能になるからです。なかには、ジャッキーを自分で用意すると言った人もあり、効率の良い作業が出来る工夫をされる人も多くなりました。この場合、タイヤ交換の値段はゼロと言うことになり、経費負担を少なくすることが可能です。ですが履き終わった後は、必ずガソリンスタンド等へ行き、タイヤ空気圧の確認をするようにします。ですが、自分で交換するのは苦手と言う人は、自分のタイヤをガソリンスタンド、カー用品店、ディラー等に持ち込むことになります。この時、ディラーでの作業の値段が平均的に高いと言う評判を聞きます。普通乗用車クラスでホィールとセットになっている場合には、安い所で一本500円から高くなって1000円と言う値段が多く見られています。大型タイヤは、大型専門店へ行くことを薦められます。これはガソリンスタンド等では、機器類が大型にマッチしていないことがその要因と言われます。大型タイヤの交換の値段は、取引関係によっても違いがあるとされ、安いものでも一本2万円から3万円、高くなると5万円と言う声も聞こえて来る場合があります。

失敗しない持ち込み先とは

女性

タイヤ交換の値段は、依頼する業者によっても異なりますし、最終的には店舗ごとにも変わって来ますのでなかなか一概に言えません。タイヤ交換の依頼先と言えば、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドなどが真っ先に浮かびますが、タイヤを持ち込むとなるとまた話は変わってきます。一番値段が高いのはディーラーでほぼ固定ですが、一部のガソリンスタンドでは値段に雲泥の差がつきます。破格で安いところもあればディーラー並に高い設定のところもあり、積極的に依頼を受けたいのか基本的には断りたいのか、店舗の方針によっても左右される部分があります。また、特定のショップで購入したタイヤであれば破格に安く受けるという方針のところもあり、事前によく調べないと損をしてしまいますね。タイヤの値段だけで言えば、インターネットショップで購入するのが一番安い方法です。ただし、それを自分で取り付けることが出来るならまだしも、どこかに持ち込もうとするなら注意が必要となります。そもそも持ち込みはNGというところもあれば、持ち込みは急激に高い料金に変わるというところもあります。一概に言えませんが、タイヤ交換はタイヤの販売代金も含めて値段設定をしているのが一般的ですから、やはりタイヤの売上が無くなる分は上乗せされてしまうのは致し方ないでしょう。こればかりは、自分で持ち込むのに都合の良い場所にある店舗をいくつか絞って、事前に持ち込みでタイヤ交換が可能か問い合わせをするしかありませんね。

タイヤ交換の悩み

作業員

わかりづらく億劫になりがちなタイヤ交換ですが、前向きに知識を持って臨むのが一番だと言えるでしょう。値段を抑えるにはやはりタイヤを知り、車を知ることが必要となりそうです。

もっと読む

熱を放射する働きがある

タイヤ交換

ホイールは、タイヤに装着させる自動車のパーツですが、道路や山道、高速道路を安全に走行させるために、大切な役割をしています。タイヤと一緒に回転するので、熱を放射して、ブレーキの効きを良くしたり、長持ちさせる役割をしています。

もっと読む

事前に明確にすること

ファミリー

タイヤ交換における値段はタイヤの金額と工賃と古いタイヤの処分費用で構成されています。そのため、業者により値段に差が出ます。また、タイヤを持ち込み交換する場合にはタイヤの料金は不要で、工賃と古いタイヤの処分費用のみとなります。

もっと読む